ロドリゴ・イ・ガブリエーラ Live


IMG_5310.jpg


 待望のニューカマー登場!!!

 ギター&リズムフリークにはたまりません。


 3月30日(日)、音と旅をテーマにしたオーガニックなフリーペーパー『LJ』の編集長の菊池さんのお誘いもあり、渋谷のライブハウス「DUO」にロドリゴ・イ・ガブリエーラのライブに行ってきました。






 いやぁ、久々に面白いモノ見せていただきましたね。

 ロドリゴ・イ・ガブリエーラ。「イ」ってのはスペイン語で「アンド」を意味するそうで、つまり、ロドリゴとガブリエーラの男女2人組ギターデュオ。

 2人ともメキシコ出身で現在はアイルランドのタブリンを拠点に活動中。なんでも2人ともメタルがベースにあり、メタルを通じて知り合いになり活動をスタートし、その後、ギター2本でヨーロッパをバスキング(路上演奏)しながら旅をして、タブリンに行き着いたとか。


 日本じゃ、知名度は皆無に近いけど、ヨーロッパやアメリカじゃすでに知られた存在で、昨年のグラストンベリー・フェスティバルやボナルーなどビッグフェスにも出演し、彼らを知らないオーディエンスの度肝を抜いたという逸話もある。


 そんな彼らが4年ぶりとなるセカンド・アルバム(日本ではデビューアルバム)『ロドリゴ・イ・ガブリエーラ』(邦題:激情ギターラ!)が3月5日に発売したこともあって、昨日が一夜限りのお披露目公演となったわけです(MCで言ってましたが、本日31日には新宿のタワレコでインストアライブも行う予定だとか)。

 しかし、これに限らず邦題の付け方は何とかならんのかね。こういうのは日本の担当者が独自に付けるらしいけど、どういう売り方をしたいのかよくわからん。やっぱりベタな感じが好きなのかな。



 ま、それはともかく、ほとんどアナウンスをしていないにも関わらず、チケットは即ソールドアウト。新しモノ好きから、ラテン・スパニッシュミュージック好き、フラメンコ好き、ギターオタク風味といった面々が雨の中デュオに詰めかけていた。

 ステージ構成は実にシンプル。椅子とアコースティックギター2本にマイクのみ。後ろや周りを飾り立てる事もなく実にスッキリとしている。向かって右側に主にメロディを担当する男のロドリゴ、左側にリズムを担当する女のガブリエーラが陣取る。


 ロドリゴは主にピックで旋律を奏で、ガブリエーラはフィンガーピッキングでリズム&バッキングという感じなんだけど、まあ、2人とも超絶テク!!

 さすがメタルをベースにしてるだけあって速弾きすげぇなって感じなんだけど、何がスゴいかってガブリエーラ。スパニッシュをベースにしているんだろうけど、タッピングというか、人差し指〜小指までをバララっと弾きつつ、手のひらや親指でボディを叩く奏法がまた見事で、知らない人はベースやドラム、パーカッションがいるんじゃないかって勘違いする程じゃないでしょうか。

IMG_5314.jpg(ちなみに写真は全部立って演奏していますが、これはアンコールのみの写真なんで、盛り上がってるだけです。普段は椅子に座って弾いてるんですけどね。

 
 そして、ボディーのいろんな所を巧みに叩いたり弾いたり、弦をこすったりする事でドラムだけでなくタップダンスのようなメロディックかつアグレッシブなリズムも紡ぎ出す。途中、照明を落とし気味にしてタッピングメインになったときなんかは、ドラムソロみたいな感じだった。あんな感じで弾いてみたいのぅ。

 そこにスパニッシュ、ラテンをベースにした切なくもドライブ感溢れるメロディが絡み付く。このピッキングテクも激ウマ。まあガブちゃんのリズムギターの目新しさに多少衝撃も薄くなったけどね。全体的にはグイグイせめて来るけど、小気味いいって感じ。スパニッシュ、ラテン風な曲他にもロックあり、ジャズあり、ワウを踏みつつのスペーシーな曲あり、カバー曲「TAKE5」や「天国への階段」ありと実に多彩な展開。



 このあたりのサウンドって、意外とベーシックな所を攻めてるのかもしれないけど、ロックを聞き慣れてるボクらには結構新鮮に響くし(3拍子とか6連譜とか)、どこか悲哀を感じさせる”ちょい泣き”のギターソロって、演歌チックというか泣きが好きな日本人にもしっくりくるんだろうね。


 
 また、見ている全員を納得させるテクニックだけでなく、恐らくバスキング時代に培ったであろう客を巻き込むパフォーマンス(客席のエリア別に違うハンドクラップを促してリズムを作ったり、ブレイク時に叫ばせたりなど)もなかなか。こうしたテクニシャンってついつい聞かせに入ってライブがリサイタル風に堅苦しくなりがちだけど、ガンガンあげてくるあたり、ラテンというか、こんなけ盛り上げるのうまけりゃフェスに引っ張りだこなのも納得です。

 この2人、フジロックには決定したという情報もあり(ヘブン、だけでなくグリーンにも?)、まあ、今回はその顔見せライブだったんだろうけど、今後日本でも間違いなくブレイクですよ。

 
 見たら絶対驚くもん。


 2人でやらせてもいいし、いろんなゲストと混ざってもまた面白そうだし。
 実に今後の展開が気になる2人組です。


IMG_5321.jpg


 You tubeにも結構アップされてるようなんで、みなさんも要チェックです。
 


 やっぱり驚きがあるのっていいね。

 最近、新しい音楽への出会いがなかった自分としては、御大ザキール・フセイン以来の衝撃といっても過言じゃありません。

 直近のザキール見たのもこのデュオだし。

 しかし、デュオの柱邪魔だよ!!
 アレがなきゃもっといい箱なんだけどねぇ。


ドロリゴ・イ・ガブリエーラのオフィシャルサイト
http://www.rodgab.com




 










2008年3月31日 | カテゴリー: music   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>