EMS Synthi AKS

EMS Synthi AKS

某原宿のビンテージシンセ屋さんでは80万以上で売ってるらしいEMS Synthi Aです。本物の改造がてら写真撮りました。通常のアナログシンセと違い、1V/octじゃなく0.32V/octって面倒な規格なので通常のCVで動作しないので普通の1V/octに改造しました。Hl. level inputにCVを入力するとRangeが7くらいで1V/octとして動作します。

これで面倒な調整から解放されます。Oscillatorを3つとも変えたのだが写真では記憶上2つ分の改造ポイントしか覚えていない。Oscillator3はR246 10Kを56Kに。R244 1kを470Ω+1Kの半固定抵抗に変えた。

EMS inside

なんて事書いてても持ってる人いないよね。ピンクフロイドやブライアン イーノが使ってるので憧れている人も多いのだがなにせ今現在高くて買えない!

そこで以下登場するのがEMS Oscillatorのクローンです。本物と比較して作ったので音も本物とほぼ同じ!ダメな部分を多少変えているけど。もちろん1V/octです。ディスクリートならではの荒っぽくてアナログな音です。これは友人からのオーダーで作ってるモノだけど調整しながら音を聞いていたら自分でも欲しくなってきた。Moogより音質や回路は雑で荒々しい。シンクとFM、ShapeのCV入力を追加、オリジナルではオシレーター1つに対して2つの波形をボリュームでミックスする様になっている所をボリューム1つで調整出来る様に変更。

ボリュームは1回路で済ませたかったので、こんな回路で一応OKでした。
2in1out

そして実物の写真。左がBuchla259で右がEMSです。音質が全く違います。Buchlaの方が音は素直な音だが変態なモジュレーションの固まりでEMSは普通の機能だが音色がブ厚い。どちらも世間(マニアの)一般で変態系扱い。

2012年1月22日 | カテゴリー: D.I.Y, Repair   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

EMS Synthi AKS への1件のコメント

  1. Wataru Ichihashi より:

    当方、EMSのシンセを求めて十数年が経とうとしています。色々なシンセショップに行ってみたものの、結局のところ「値段が高すぎて手が出ない」という結論に達しました。そして原宿にある某ビンテージシンセショップでその手のモジュールを買ってみたものの「何かが違う」と思いモジュールは売り払ってしまいました。アップルのアイパッドのEMSを再現したアプリはあるのですが、これも違うということで検索してたどり着いたのがここのページでした。五万円くらいで写真にあるEMSのモジュールが作ってくださるのなら是非ともお願いしたい気持ちでいっぱいです。では、ご検討のほど、何卒よろしくお願い致します。

Wataru Ichihashi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です